ムーの仮面浪人記 一橋大学への系譜

巷によくある仮面浪人記

今年の一橋大の英語について

今年は絶対英語で落ちました!!!春から旧帝大生です!!!

という全く笑えない冗談を3月には言ってました...

一橋合格者の話を見てみると、戦略として大抵の人が数学で何とか2完して、英語で7割を取ってくださいとか書いてるんですよねー。僕は実際英語は得意な方ですが7割は無理じゃねって思ってました。だって冠模試の成績上位者見ると7割超えてるの数人しかいないし...しかも今年の英語は難化、そのせいで数学易化したのに合格最低点が昨年より20点下がるという、、、一つずつ解説していくと

まず文法・・・これは満点か1ミスで乗り越えられそうでしたね。例年通り

リスニング・・・これも満点余裕ですね。僕の場合一問質問に答えてない答え方をしてしまいました、、、

長文2題・・・個人的に全く手応えがなかったですね。少し難化だと思うんですが。

自由英作文・・・・絶対難化でしょ。というか去年の写真説明問題が簡単すぎたのもあるけどさあ、、、手紙出すのやめてほしいですほんと。

一橋の英語で得点するには長文問題の和訳を確実にとって、説明問題でできるだけ点数を稼ぐことだと思います。説明問題は半分国語力勝負みたいなところもあって僕は大嫌いなんですがね、、、自由詠作に関してはやはり広く浅い知識を身につけることが大事です。今年は昨年のようなのは出されたらその場で対処するしかないと思うんですが、昔あった自分を意見を述べていく討論みたいなスタンダードな自由英作にはしっかり対応できるようにするのが大切だと思います。ちなみに僕にとって自由英作の攻略が仮面成功の鍵の一つだと思ってます。昨年までは学校の先生に添削を頼んでもらったのですが今年はどうしようかと考えています。やっぱり乙会やろうかな...

結論としては、数学事故らないように数学かなりやるのも大事だけど、みんなのできる英語で差がついたらかなりきついということです。数学でもう1完はよほどの人じゃないと厳しいとおもいます。自由英作と長文の説明問題は絶対対策してほしいです。